見た目に自信がない人は○ヶ月後に告白すると付き合える確率が上がる

見た目に自信のない人が告白するタイミング 心理学

見た目に自信のない人や好きな人と付き合えない理由が「自分の顔が相手の好みじゃないからだ」という人たちが好きな人に告白するタイミングはいつが良いのか?ということを説明したいと思います。

告白するタイミングによってはOKになる可能性があるということが実験から分かっています。

何度も見ている顔は脳の処理が楽になる

「単純接触効果」というものを聞いたことがある人もいると思います。何度も会ってるうちに好きになるという心理学の効果です。

実際に学生時代などに進級してクラス替えをしたばかりの頃はイマイチな異性が多いなと思っていても、何ヶ月かするとカッコイイ人とかカワイイ子が多いなとなることもありますね。

これは何度もその相手の顔を見ていると脳がその顔を処理するのが楽になり好きになるのではないかといわれています。

何度も会うと好きになる仕組み

このように初対面のときは恋愛対象としてナシだったのにいつの間にか好きになっているということが起こります。

もちろん単純接触効果だけではなく性格などの中身をよく知ることができたからという理由もあります。

しかしどんなに性格が合うと思っても顔がダメなら付き合えません。では何ヶ月くらいすると顔が気にならなくなってくるものなのでしょう?

見た目のレベルが同じ人同士がカップルになるとは限らない

テキサス大学の実験があります。

本物のカップル167組に協力してもらい会話をしているシーンを撮影させてもらいました。
その撮影したビデオを他の人たちに見せてカップルの顔のレベルを評価してもらいます。要するに第三者の客観的な評価です。

カップルの顔のレベルを評価する実験

そこから分かったことがあります。よく、外見のレベルが同じような人同士がカップルになりやすいと言われることがありますが、この実験結果は必ずしもそうではなかったのです

確かに、出会ってから1ヶ月以内に付き合い始めたカップルは顔のレベルが同じくらいでした。
しかし出会ってから9ヶ月以上経ってから付き合い始めたカップルは、顔のレベルに相関がなかったのです。

つまり、魅力的な顔をしている人と、魅力的でない顔をしている人同士のカップルも複数いたということです。

出会ってからの9ヶ月間で内面の魅力を伝える

あなたが「私の好きな人は、私の顔が好きじゃないわ」と思っているのなら、出会ってから9ヶ月以上経ってから告白をすると成功する確率が高まるということです。

ちなみに会話を撮影させてくれたカップルにお互いに対する満足度もアンケートしていますが、顔のレベルが同じくらいだろうと全く違っていようと満足度に違いはありませんでした。
顔のレベルが合わないからといって別れやすいということはないのです。

なのでルックスに自信がなければとりあえず最初の9ヶ月間をつかって自分の内面の魅力を伝えてください。

第一印象で嫌われたら単純接触効果は起こらない

ちなみに何度も会うと好きになるという「単純接触効果」ですが第一印象で嫌われた場合はこの効果は起こりません。
それどころか会うほどに嫌われていく可能性さえありますから気をつけてください。

こうなってしまった場合の挽回方法についても機会があれば書こうと思います。

参考文献:Lucy L. Hunt, et al. (2015). Leveling the Playing Field Longer Acquaintance Predicts Reduced Assortative Mating on Attractiveness

タイトルとURLをコピーしました