【面白い実験】田舎の人と都会の人はどっちが優しいのか?

田舎の人と都会の人はどっちが優しいのか? 心理学

田舎の人と、都会の人はどちらが優しいのか?ということを解説します。面白い実験で確かめています。

都会の人はセカセカして冷たいけれど、田舎の人はのんびりして温かそうというイメージを持っている人が多いかもしれませんね。

自然に囲まれた場所で過ごしているほうが穏やかな性格になりそうなイメージもあるかもしれません。

1回きりのゲームか?複数回のゲームか?

行動経済学でも田舎の人のほうが他人に優しいとか親切であるという理由を説明するモデルがあります。

1回きりのゲームなのか、複数回のゲームなのか?というものです。

ゲームの主催者がAさんに1万円を渡し「これをBさんと分けてください、分ける比率はAさんが決めて良いですよ。均等に5,000円ずつでも良いですし、自分が9,000円でBさんが1,000円でも良いですよ」と説明します。

行動経済学のゲーム

このときにAさんとBさんがもう二度と会うことがないと分かっていると、Aさんは自分のほうを多くする可能性が高いことが複数の実験から分かっています。

しかし「このゲームは2回目もあります、何回続くかは内緒です。次のゲームでお金の配分を決めるのはBさんです」と言われたら均等に分けておく可能性が高まります。

1回きりのゲームは都会に住むのと同じことです。マンションの隣の部屋の人が次回も近所に住む可能性は非常に低いですから、親切にするメリットがありません。
複数回のゲームは田舎に住むのと同じです。近所の人とこれから先も付き合っていく可能性が高いですから親切にするメリットがあります。

田舎の人は近所の人に親切にしているため、それが標準モードになり優しくなります。

わざと手紙を落とす実験

実際に田舎の人のほうが親切なのか?ということを調べる実験があります。

ロストレター(失われた手紙)法という実験です。
どういう実験かというと通行人に拾ってらうために手紙を道端等にわざと落としておくのです。そこには宛名が書かれていて切手も貼られています。それがどれくらい戻ってくるか?ということを調べるのです。

例えば田舎と都会に100通ずつの手紙を落として、そのうちのどれくらいが戻ってくるのか?ということです。たくさん戻ってくる場所のほうが親切な人が多いということになります。

ロストレター実験

この実験をこれまで複数の研究者が行っていますが結果はバラバラです。

田舎のほうがたくさん戻ってきたという結果もあれば、都会のほうがたくさん戻ってきたという結果もありますし、違いはなかったという結果もあります。

親切かどうかは田舎者か都会者かの違いではなかった

西オーストラリア大学が同じ実験をしました。

その結果、都会で落とした手紙のほうが多く戻ってきましたが、統計的な有意差があるとはいえないくらいの差でした。
つまり、もう1回同じ実験をしたら今度は田舎のほうが多く戻ってくる可能性もあるというくらいの差だったのです。

しかし、これを別の切り口で見た場合に差を出せる基準がありました。

何かといったら「社会経済的な地位(Socioeconomic Status)」です。要するに収入や地位、学歴です。
そういったものが高い人が住んでいる地域は田舎か都会かに関係なく手紙が戻ってくる確率が高かったのです。

つまり、親切かどうかは田舎者か都会者かの違いではなく社会経済的な地位の問題だったということです。

「情けは人のためならず」と考えられない

なぜこのような結果になるのでしょうか?
それは社会経済的な地位が低い人は自分のことで精一杯なため他人を思いやる余裕がないからではないかと考えられます。

他の実験でも社会経済的な地位が低い人は報酬を得られるまでに時間のかかるものには投資をしないということも分かっています。
1年後にもらえる2万円よりも、今もらえる1万円を選ぶということです。(これが社会経済的な地位が低いままの理由でもありますが…)

他人に親切にするのもこれと同じです。親切にしたからといってすぐに親切が返ってくるわけではありません。「情けは人のためならず」という考えになり難いのです。

身近な場所にも

社会経済的な地位が高い人のほうが親切だということは身近なところでも体験します。

たとえば、住宅街を歩いてるとき横断歩道に差し掛かったとします。
そういうときはやはり社会経済的な地位が高い人が住んでいるとされるエリアは田舎か都会かに限らずきちんと止まる車が多いです。

田舎生まれ、田舎育ち、近所の奴はだいたい親戚

Iターンで田舎に住みたいという人も増えています。
そうい人は自然が豊であるということだけで場所を選ぶのではなく、そこに住んでいる人たちの社会経済的な地位もしっかりと調べたほうが良いと思います。

別の実験ですが宛名に評判の悪い人の名前が書いてあった場合、田舎のほうが戻ってくる確率が低いということも分かっています。
これは何を意味するかというと「コミュニティで嫌われている人間はイジメても良い」という考え方は田舎のほうが強いということです。

田舎生まれ、田舎育ち、近所の奴はだいたい親戚♪のような住民が多い場所に住むときは注意してください。

参考文献:Cyril C. Grueter, et al. (2019). Urban Civility: City Dwellers Are Not Less Prososcial Than Their Rural Counterparts

タイトルとURLをコピーしました