何秒?アイコンタクトの最適な時間が実験で判明!他人と目を合わせて良い時間は決まってる

心理学

今回はアイコンタクトについてのお話です。

日本人は他人と目を合わせるのが苦手と言われます。
アイコンタクトは短かすぎても、長すぎてもダメなのです。

すぐに視線を逸らすと「嫌われているのかな」と思われてしまうことがありますし、長く見つめすぎると「なにジロジロ見てるの?」となります。

アイコンタクトは何秒が最適か?

ではアイコンタクトは何秒が最適な時間なのかということですが、ロンドン大学が実験で調べてくれています。

どのような実験をしたかというと、実験の参加者にジーッとこちらを見つめてくる人のビデオを見せたのです。
要するにカメラ目線でずっとこちらを見てる人が映っているビデオです。

目を合わせてくる時間がビデオによって違うのですが、それを見て、目を合わせる時間が短すぎるとか長すぎるとかの不快感を判断してもらったのです。
それと同時に、瞳孔の開き具合も計測しました。

アイコンタクトの実験

そこから最適なアイコンタクトの時間が分かりました。

何秒かというと3.3秒でした。

なので好きな人とアイコンタクトをするときは3.3秒を意識すると良いと思います。

目の合わせ過ぎに注意

別の実験ですが、会話をしているときに目を合わせすぎてしまうと想像力が働きにくくなるので、会話が弾みにくいということも分かっています。

それと目を合わせない時間を適度につくることによって、相手の中に「もっと知りたい」という欲求を無意識に生じさせるので、相手から質問をふってくれやすくなるということも分かっています。

目を合わせ続けると恋愛感情が芽生えることもあるが…

さらに余談ですが心理学では長時間、目を合わせていると恋愛感情が芽生えるという話があります。
アーサー・アーロン博士の「親密さが増す36の質問」でも最後にお互いに4分間見つめ合うという手順があります。

実際にこれでお互いに恋愛感情が芽生えて結婚までいった人たちもいたそうです。
ならば3.3秒ではなくてもっと長く目を合わせるべきと思うかもしれません。
しかしこれは事前にお互いが、合意しているから不快にならないということです。

さらに、これだけ目が合い続けても衝突が生じないということは親密な相手だからだと脳が判断してるという可能性もあります。

アイコンタクトと恋愛感情

なのでそういうシチュエーションでない限りは、相手の目を見すぎるのはよくないですね。

微表情分析のポール・エクマン博士が複数の民族を調べた結果、目を見続けるという行為はどんな文化においても「敵意」と受け止められるものだということも分かってます。

アイコンタクトのしすぎに注意しましょう。

参考文献:Nicola Binetti, Charlotte Harrison, Antoine Coutrot, Alan Johnston and Isabelle Mareschal.(2016)Pupil dilation as an index of preferred mutual gaze duration

タイトルとURLをコピーしました