インスタに投稿している写真から性格を判断する方法

心理学

インスタに投稿している写真から性格を見抜く方法を紹介します。

どんな写真を投稿してどんな加工をしているかが性格と関連していることが研究から分かっています。

これを知っておくことで、その人にどんな話題を提供すれば仲良くなれるのかや、恋愛であればどういうデートに誘えば良いかが分かります。

インスタ投稿と性格の関係

インスタ投稿と性格の関係

今回紹介するのはオーストリアのヨハネス・ケプラー大学の研究です。

実験参加者に性格テストを受けてもらい、インスタの写真も見せてもらうということをしました。

その結果どういう写真をどのように投稿するかと性格には関係があることが分かったのです。

具体的にどういうことが分かったかというと次のようなものです。

好奇心が旺盛な人

まず、好奇心が旺盛で、独創性を好む人、反対にいうと用心深かったり、ルーティンを好む人ではないということです。
心理学では経験への開放性が高い人などといわれます。

こういう人たちは緑色が多いことが分かりました。
写真に写っているものもそうですが加工するときも緑色を強調しがちです。

顔の表情としては喜んでいる顔は少なめで、興奮していたり、支配的で自分の優位性を示す雰囲気のものが多いです。

そもそも人間の顔を投稿することが少ないことも分かっています。

誠実な人

次に誠実な人、まじめな人、自分をコントロールできる人です。

この人たちについてはそれほど特徴が出なかったのですが暗めの色や鮮やかな色の両方が入っている傾向が多少あることが分かっています。

外向的な人

外向的な人、他者との関わりの中で刺激を求めるタイプは緑や青が多い写真を投稿することが分かっています。赤やオレンジは少ないです。

明るさは抑えて、色をハッキリさせて、鮮やかな色も暗い色も両方を使います。

喜びよりも、優位性を示す写真が多いことも分かりました。

協調性のある人

協調性のある人に関してもこれといった特徴は少ないのですが明るさや暗さを強調せずに、その中間でバランスの取れた写真を投稿することが分かっています。

神経症的傾向のある人

神経症的傾向のある人は輝度を高めた写真を投稿しがちという特徴がありました。
しかしこれに関しての相関は弱かったため、輝度を高めているからといって必ずしも神経症的傾向があるとは言い切れません。

ビッグファイブ

以上がインスタに投稿した性格と写真の関係ですがここで紹介した性格というのは心理学でおなじみのビッグ・ファイブという性格特性です。
心理学系の実験で、性格と何かの関係を調べる場合は、たいていこのビッグ・ファイブを用います。

ビッグファイブ

今回の結果を人間関係や恋愛の参考にしてもらえればと思います。

インスタに限らず、ほかのSNSへ投稿した写真や文章からその人の性格や恋愛傾向との関連を調べるという研究は多いので機会があれば他にも紹介しようと思います。

参考文献:Bruce Ferwerda, et al. (2015). Predicting Personality Traits with Instagram Pictures.

タイトルとURLをコピーしました