心理学的に住んではいけない場所!エリアではなく環境が問題です

住んではいけない場所 心理学

家を探すときの参考にしてもらえればと思うのですが住まないほうが良い場所について説明します。

これは何々区に住んではいけないといったエリアの話ではありません。

確かに治安の悪い場所に住むと子供の脳の発達に悪影響を及ぼすという実験などもありますけどね。

今回はそちらではなく、こういった環境がある場所には住まないほうが良いというお話です。

ですから治安が良いとされるエリアであってもそれに該当してしまったら住まないほうが良いということです。

どのように良くないかというと、メンタルに悪影響が出るということと、貧乏になるということです。

具体的にどういう場所がダメかというとファーストフード店がある場所です。

勘違いしないでほしいのですがファーストフードを食べるかどうかが問題ではありません。
ファーストフード店があることが問題なのです。

ファーストフード店が多い場所に住んでると喜びを感じにくい

トロント大学のジュリアン・ハウス博士たちが行った調査があります。

インターネットのアンケートで、楽しいことをどれだけ感じ取れるかという心理テストに回答してもらいます。このときに郵便番号も記入してもらいます。

後で研究者がその郵便番号をもとにファーストフード店の密集度を調べました。

するとファーストフード店が多い場所に住んでいる人ほど、楽しいことを体験したときにその喜びを受け取りにくい傾向にあるということが分かったのです。

住んでいる場所と心理の実験

頻繁にファースフードを食べているからだと思うかもしれませんがそうではありません。

ファーストフード店のパッケージが幸福感を減らす

次の実験では「広告の評価をしてください」といって食べ物の写真を見せました。
ただし広告の評価というのは参加者に実験の意図がバレないようにするためのフェイクの理由です。

このとき見せられる写真によって参加者は2つのグループに分けられました。

1つのグループにはファーストフード店のパッケージに入っているハンバーガーやポテトの広告写真が見せられました。
もう1つのグループには陶器の食器に入ったハンバーガーとポテトの広告写真が見せられました。

ちなみに入れ物が違うだけで食べ物は同じものが写っています。

その後で今度は、綺麗な自然の写真が見せられます。(人間はこういう写真を見ると幸福感を持ちやすいです)

そして幸福度についてのアンケートをしました。
するとファーストフード店のパッケージに入っているハンバーガーやポテトの写真を見せられた人たちは、陶器に入っているほうを見せられた人よりも、幸福度が低かったのです。

ハンバーガーと幸福度の実験

なぜこうなったかというとファーストフード店のパッケージが綺麗な自然の写真から得られる幸福感を減らしたからです。

これと同様の実験で音楽を聴くときもファーストフード店をイメージさせられてしまうと、その音楽の良さを感じにくかったり焦燥感を持ちやすいということが分かっています。

幸せを感じる感覚を鈍くし焦燥感を感じさせる

なぜこういうことが起こるのでしょうか?
それはファーストフード店が忙しい現代社会の象徴になっているからではないかと考えられます。

なのでファーストフードを食べなくても、それをイメージさせるものが視界に入るだけで、幸せを感じる感覚が鈍くなったり焦燥感を感じてしまう可能性があるということです。

貧乏にもなりやすい

この実験を行ったジュリアン・ハウス博士の別の実験でさらに分かっていることがあります。

ファーストフード店が多い地域に住む人というのは、貯金などの金融資産が少ないということも分かっているのです。

なぜかというとファーストフード店が多い地域に住む人は「後で手に入る大きな金銭的メリット」よりも「すぐに手に入る小さな金銭的なメリット」を欲しがる傾向にあるからです。
極端な話をすれば来月もらえる2万円よりも今もらえる1万円を選びがちということです。その結果、金融資産が増えにくいということです。

こういった目先のメリットを選ぶようになる原因もファーストフード店のイメージから生み出されてしまう焦燥感が原因ではないかとされています。

ですからファーストフード店が近くにある場所に住むと、その店の外観や看板、そこの袋を持っている客とかを見かける機会が増えるので、メンタルに良くないですし経済的な判断も誤らせる可能性があるということです。

家を探すときはそういったポイントも注意してみると良いのではないでしょうか?

参考文献
Julian House, et al. (2013). Too Impatient to Smell the Roses: Exposure to Fast Food Impedes Happiness.
Julian House and Sanford Devoe. (2013). Fast Food and Financial Impatience: A Socioecological Approach.

タイトルとURLをコピーしました